精密機械とはどんなものなのか?

え?これも精密機器?身近なものをピックアップ!

カメラや時計が精密機器と知っていましたか?

日本は世界でも有数の精密機器や細かな機材を作る事に長けていて、日本で生産した機材が世界中で使われている事は多々あります。そんな日本に精密機器が入ってきたのはいつごろでしょうか?
1700年代に、日本で始めて精密機器が使われたのは製糸工場でした。工場を立地するにあたってキレイな空気、チリやホコリが無く湿度が低いので最適でした。そこからどんどん機材が作られるのですが、そこから1750年ごろに綿製品が産業化されました。
1800年には蒸気機関が発明され、一気に交通が発達し国内だけでは無く海外とも多くのやり取りが出来る様になりました。そこから内燃機関が登場し自動車や航空機といった、現代のスタイルが確立されさらには発電機が発明されるなど、一気に技術が進歩しました。
この時期になると医療秘術や科学など、実験科学が大きく発達していき人々の暮らしは豊かになり、より人間らしい生活を送る事が出来る様になりました。
1970年にはMRIの製品化、カテーテル治療の発達が目まぐるしくなり高度な治療が受けられる様になったのです。2000年にはIT革命が起きインターネットを使い様々な事が出来る様になりました。遺伝子解析の技術も進歩して、多くの先進治療が開発されました。
2015年を皮切りにAIを含むロボット産業が発展している今、裏では多くの精密機器が活躍しています。今回は精密機器にスポットを当てて紹介していきたいと思います。生活に身近な精密機器が数多くあります。

おすすめリンク

精密機器はいつ日本に入ってきたのか?

趣味の一つとして知名度のあるカメラ、コレクションとして集める方もいる時計ですが、これらは精密機器になります。 何気なく使っているカメラですが、ボタンを押すだけで写真として風景を切り取る事が出来たり、レンズによって様々な効果を出したりしてくれます。

身近な家電は精密機器になるのか

家電といっても様々なカテゴリに分けられ冷蔵庫やレンジなどの白物家電、テレビなどは黒物、パソコンやタブレットはデジタルデバイスというカテゴリになります。 これらの製品は全て精密機器になり、私達の生活には必要なものになりいくつかの製品をピックアップしています。

工作機器や望遠鏡について

家庭で使う事はありませんが、多くの工場で使われている工作機器はものづくりに必須アイテムです。 また望遠鏡や顕微鏡のレンズを作っているのも工作機器で、これらはとても複雑な作りをしている精密機器です。細かい作業が得意な精密機器は、日本だけでは無く世界各国で注目を集めています。