え?これも精密機器?身近なものをピックアップ!

工作機器や望遠鏡について

望遠鏡の種類と仕組み

精密機器の代表として望遠鏡が上げられます。レンズを通して遠くのものを見る機材で、星の明るさを使って場所を精密に特定してくれます。反射望遠鏡というのは反射鏡を使って星を観察出来るタイプで、天体写真儀では望遠鏡で観測したものを写真にする事が出来ます。
家電の様に目まぐるしく変化する事はありませんが、少しずつグレードアップしています。ちなみに望遠鏡にも種類があり鏡筒がどこを向いてもはっきりと星が見えるグレゴリークーデ式太陽望遠鏡、両目で観測出来る双眼望遠鏡、筒の先端にレンズがついていてより見えやすくなっている屈折赤道儀があります。
これらはレンズだけでは無く、根本的な作りが違うものもありより細部まで星を観察出来ます。

レンズをカットしたり加工したり

望遠鏡には多くの種類があり、肉眼では見えないものを見せてくれます。そしてこれらを作る為に輩出されているのが、工作機器です。
工作機器は家庭で使われる事はほとんど無く、工場に設置されています。細部まで切断出来るフライス盤や、硬い材質でも簡単に折り曲げてしまう折り曲げ機、人の技術では難しい細かな部分まで加工をしてくれるスポット溶接機があります。これらの精密機器は一点特化型ですが、より細部に渡って加工が出来るので工場に無くてはならないものです。
近年ではミクロ、マクロの部分で加工をしてくれる精密機器もあり、世界中から注目を浴びています。もちろんこれらの精密機器が無いと私達の暮らしは成り立たなくなってしまいます。


この記事をシェアする